top of page
D5F_0994.jpg

村田 公英

Kimihide Murata

​●社長挨拶

 

初めまして、村田 公英です。

小生のオフィシャルページに、
ご訪問頂きまして誠にありがとうございます。

私の人生は乳酸菌生産物質にささげた人生です。

そして幸運にも、
16種35株というレジェンドをつくり上げることができました。

それ以降、乳酸菌生産物質は健康食品とは次元の異なる、人生を健康で生き抜くための必需品であるとの信念が揺らいだことは一度もありません。

乳酸菌生産物質と出会った当初は、社会人と研究者の二足の草鞋を履き、平らな道ではなかったように記憶しています。それから50年の時間が過ぎ、気付ば私自信も、乳酸菌生産物質のレジェンドと揶揄されるまでに至りました。

このサイトでは、「乳酸菌生産物質のすばらしさ」はもとより、
それにかける「想い」をご紹介できればと思います。

なぜなら「企業は人」であり、商品や製品だけで語れるものではないと考えているからです。

商品・製品の成分や効能、効果などがもてはされますが、どのような思いで作られたものなのか。それがすべての原点であると考えるからです。

当然ながらまだまだ私もできた人間には及びません。しかしその良し悪しも含めてありのままの私を知ってもらう機会として、このサイトをご覧いただけますと幸いです。

その上で、もし、ご共感いただける節が少しでもあり、みなさまのお役に立てる可能性を少しでも感じていただけますと幸いに、そして嬉しく思います。

なぜなら「乳酸菌生産物質を通じて人々を健康にしたい」

この想いこそが私の人生理念であり在り方であるからです。

これからも村田公英にご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

村田 公英

経歴

昭和15年山口県山口市生まれ。昭和34年に電子工学系専門学校を卒業後、義報社に入社。同社の大谷光瑞農芸化学研究所にて、乳酸菌生産物質の生みの親である正垣一義氏に師事し、乳酸菌の培養技術を学ぶ。昭和44年、光英科学研究所を設立。以降、約50年にわたり「乳酸菌生産物質で、世界人類の健康増進に貢献する」という理念のもと独自の研究開発を行い、現在も多くの人の健康長寿に貢献し続けている。

bottom of page